【健康コンシェルジュ これからは食べて健康ではなく食べずに健康】

こんばんは
おつかれさまです。
 



 

あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です。



ご覧いただきありがとうございます。
 
 





よく言われることが

「食べて健康になる」

ということなのですが、本当の意味では

「身体に負担をかけないくらいに食べることで健康になる」

ということなのでしょうが、大抵は自分の思うように判断して解釈しているために実際には

「食べすぎて健康になり損ねている」のです。






どれくらい食べてということが
抜けているために聞いた人の解釈に委ねているのが実情です。







そのために
「食べているのになんで病気になるんだ?」
ってなことになっているのに未だに気づいてないんですね。







様々な生活習慣病になっていても
その原因を言ってくれる病院の先生方は
ほとんどいません。








そこで
今までは

「食べて健康になる」

と言ってきましたが、それでは本当に健康になる方が
多くならないのでここではあえて、

「食べずに健康になる」

と提唱させていただきます。








そうすれば
ほどほどに加減して食べるようになり
本当に健康な身体づくりができるでしょう。









そんなに食べなくても
しっかり生きていくことができます。









それどころか
食べないくらいの方が免疫力や代謝力が増し、
人間力がアップしていきます。





健康で生きていくには
普段の食生活を見直すことから。






やるかやらないか
そして信じるも信じないもあなた次第





 
少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。
 
 
 



少食は代謝力を上げる原動力です。
 
 
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC
 
 
 
少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります
 
 
少食を実践されることをオススメします
 
 
本日もご覧いただき
ありがとうございました
qqax3kud@hop.ocn.ne.jp

"【健康コンシェルジュ これからは食べて健康ではなく食べずに健康】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント