【健康コンシェルジュ】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

少食を実践された方からとお話ししました。

その内容から

一日一食にしたことで気づいたことを話すと、

・食べたいと思う気持ちに余裕ができた

・お腹がなっても恥ずかしくなくなった

・食欲と睡眠欲は共通している

ということ。

少食に慣れてくると今までと違って
自制できるようになる。

空腹になったとしても
食べ物を摂らなくても多少の辛抱できるようになった。

いまでも食欲はあり
お昼に食べたいと思うことはあるけど
そういったときは白湯か紅茶にはちみつを入れて飲んでいる。

お腹も少食を始めたころはよく鳴っていたが
悪いことではないのでどんどん鳴らしている。

無性にお腹が空いたときは
時間があるなら睡眠をとっている。

目覚めてみると
食べたいと思う気持ちはなくなっている不思議と。

そういった時間を取れる人生を。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎


"【健康コンシェルジュ】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント