【一日一食大家のつぶやき 楽しい人生を送るためには】

現代では
「一日三食」が当たり前になり、
ほとんどの人に浸透している。





言うまでもない話なんだろうけど
三食と決まっていても、それ以上
食べたり、三食でも大食する輩が多い。






仏教の世界では
「一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事」という言葉があり、

中世の西洋では
「一日一食は天使の生活。一日二食は人間の生活。一日三食は獣の生活」ということわざがあったそうだ。







その言葉からすると
一日三食は食べすぎということがわかる。







家庭、学校、病院などから
一日三食しっかり摂りましょうと言われるが
鵜呑みにして食欲の赴くままに食べていると
食べたものが完全に消化されず、血管内に堆積し
様々な病気を起こす原因となる。







なので
食べたものをしっかり消化するには
食事の間隔を空けないといけない。







病気になると
人生がつまらなくなる






健康で生きていくには
普段の食生活を見直すことから。






やるかやらないか
そして信じるも信じないもあなた次第




 
少食は健康になるのと同時に、
本来の人間の機能をとりもどします。
 
 
 
少食は代謝力を上げる原動力

 
 
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC
 
 
 
少食を
生活の基準にすると
今よりも免疫力や代謝力を促進し、
健康体を作り、病氣にもなりにくい
カラダになる
 
 
 
 
本日もご覧いただき
ありがとうございました
qqax3kud@hop.ocn.ne.jp

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント