【健康コンシェルジュ兼業大家 病気をしない食生活】

数年前
「病気をしない生き方」
という本が出版され、その当時よく売れた






いろんな健康法があり紹介されているが
ベースになっているのは
「食べて健康になる」
ということなのである





私は少食を実践することで
今まで以上に健康になり
「少食こそ病気をしない最高の健康法」
を自負する自身にとっては
「食べずに健康になる」
ということを改めて提案したい






食生活も習慣なので
一日三食が慣れれば三食に
一日二食に慣れると二食に
なので
一日一食が慣れれば一食に
逆もまた然りで
一日四食に慣れると四食に
なるのである





昔から三食しっかり食べましょうと
親、学校、病院などから言われているのに
今さら食生活なんて変えられないというのが
ほとんどの方のホンネだろう






ただ
そう言いながらガンを患い
一年と待たずに亡くなっていく知人を
目の当たりにして
「いつまでも同じことを繰り返していても同じ人生しか歩めない」
と食生活を変えた結果、今までにない
楽しい人生がやってきたのである






病気の不安がない人生、、、

これってほとんどの方が考えられないだろうが
言い換えれば
自分の身体の健康は自分でコントロールできる、
のだ





病気の不安を常に持ちつつ生活しているなら
食習慣を少し変えるだけでそういった不安は
なくなる



今日は
健康の話only



健康で生きていくには
普段の食生活を見直すことから。






やるかやらないか
そして信じるも信じないもあなた次第




 
少食は健康になるのと同時に、
本来の人間の機能をとりもどします。
 
 
 
少食は代謝力を上げる原動力

 
 
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC
 
 
 
少食を
生活の基準にすると
今よりも免疫力や代謝力を促進し、
健康体を作り、病氣にもなりにくい
カラダになる
 
 
 
 
本日もご覧いただき
ありがとうございました
qqax3kud@hop.ocn.ne.jp

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント