【健康コンシェルジュ兼業大家 楽しい人生を】

お疲れです




いつもご覧いただきありがとうございます





さて
先日知人のお母さんが亡くなった
75歳だったそうだが、亡くなるまでの
20数年間、糖尿病で入院されていた





家庭でのストレスからくる
暴食で糖尿病を発症し晩年の数年は人工透析
で生きながらえていたそうだ






ということは
人生の約3分の1を入院生活を送っていたことになる






ご本人や身内の方のご苦労も大変だっただろう





ご冥福を






現代病とされている病気のほとんどの発症原因は
食べすぎからきている




つまり
現代の食生活では
人間の体内の消化活動が追いついていない





だから少し食事を減らして、とか
大半の医者や医療関係者、栄養管理士など言っているが
食事回数を減らさない限り病気の温床は減らない





本当に健康になりたければ
今すぐ一日二食、あるいは一食にする





二食や一食にしたから死なない





一日でも多く楽しい人生を






「健康は最大の利回り」(加藤ひろゆき先生)







健康で生きていくには
普段の食生活を見直すことから。






やるかやらないか
そして信じるも信じないもあなた次第





 
少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。
 
 
 



少食は代謝力を上げる原動力です。
 
 
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC
 
 
 
少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります
 
 
少食を実践されることをオススメします
 
 
本日もご覧いただき
ありがとうございました
qqax3kud@hop.ocn.ne.jp
0

この記事へのコメント