【健康コンシェルジュ 万病一元、血液の汚れから生ず】

こんばんは
おつかれさまです。
 



 

あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です。



ご覧いただきありがとうございます。
 
 




「食べすぎ」たり、「飲みすぎ」たりすると
消化、吸収しようと身体が作用します。






するとどうなるか?





消化、吸収を担当する消化器官に
血液が集まりすぎるため、排泄しようとする
大腸をはじめ、直腸、腎臓への血流が相対的に不足することになり、大便や小便の排泄が悪くなり、血液中や体内に老廃物が溜まります。






それがどういうことになるか?



十分に老廃物が排泄できないということは
血液を汚し、万病の原因になるのです。




胆石や婦人病も
いわば食べ過ぎが原因なのです。





一日三食

これこそ食べすぎの根源なのです。





消化する時間があまりにも少なすぎて
栄養として食べたものが、老廃物として体内、血液内にたまるのです。





体温が低い方も少食になれば
体温も上がり健康体になります。





やるかやらないか
そして信じるも信じないもあなた次第





 
少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。
 
 
 



少食は代謝力を上げる原動力です。
 
 
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC
 
 
 
少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります
 
 
少食を実践されることをオススメします
 
 
本日もご覧いただき
ありがとうございました
qqax3kud@hop.ocn.ne.jp

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック