【健康コンシェルジュ 健康常識という惰性に流されない その2】

こんばんは

おつかれさまでした。







あなたのしあわせな健康ライフを応援します

食生活改善アドバイザー

【 三双(さんそう) 敏郎】です。





ご覧いただきありがとうございます。











少食になると栄養はどうやって摂るんですか?

とご質問をよくいただくので、考察してみましょう。





断食・不食は食事を摂らない。

少食は食事を摂るけれど少量。






朝食を抜いてみると、


午前中の活動は、前日の夜に摂取した
食事のエネルギーで充分間に合います。





夜は筋肉も休憩し、脳でのエネルギー消費も
少なくなっていますので、前日の夜の食事の
エネルギーは血液中にたっぷりあり、
余分な分はグリコーゲンや脂肪として蓄えられています。






血液中の栄養素が少なくなると、グリコーゲン、
次に脂肪がエネルギーとして使われるので、
朝食を抜いたくらいで身体がエネルギー不足に
陥る事はないんです。





それをエネルギー不足だとあおるPRがあり、
それにまんまと乗ってしまう。






あなたの身体をよーく見てください。






体重計に乗ってみてください。






エネルギーはたっぷり詰まってますよ。







信じるも信じないもあなた次第








少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。







少食は代謝力を上げる原動力です。





空腹力

http://amzn.to/2jJaVQC







少食を生活の基準にすると今よりも

免疫力や代謝力を促進し、健康体を

作り、病氣にもなりにくい

カラダになります





少食を実践されることをオススメします





本日もご覧いただき

ありがとうございました

qqax3kud@hop.ocn.ne.jp

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック